空き家が増えることのリスク

空き家をそのまま放置していると「火災」や「倒壊」のリスクがあります。最悪の事態にならないように空き屋管理をしっかりとしていかなければなりません。日本の人口は急増するとは思えませんし、人口は減る一方です。今後は空き家がさらに増えていくと推測されます。今回は【空き家が増えることのリスク】についてお話します。

■倒壊や破損してしまうリスクがあります

空き家を長年放置したら、人の手でメンテナンスされることがありませんから、建物は台風や強風やゲリラ豪雨でダメージを受けて老朽化します。家屋全体が破損してしまい、倒壊する恐れもでてきます。その家屋だけの問題ではなくて、周辺の住居にも影響があります。

他人を怪我させてしまうかもしれませんし死亡事故につながりかねません。空き家を放置することは、こういった危険性を持っています。

■自然発火・不審火などの火災のリスクがあります

空き家が増えてくると、放火などの犯罪を誘発します。誰かがその家屋に住んでいると放火などはしにくいです。しかし、誰もその家にはいないとなると放火犯は狙いをつけます。放火だけでなく、自然発火して火災になることもあります。一旦火災が起こると周辺の建物にも延焼してしまうこともあります。

■雑草・草木・庭木が生い茂っている状態になる

見た目にもイメージが悪くなります。手入れをしていないと近隣の居住者に迷惑がかかります。空き家で荒れ果てていると不法投棄されたり、不法侵入されたりします。空き屋管理では、剪定したり雑草の処理をしたりは最低でもしなければなりません。個人で管理ができないならば業者に依頼をするしかありません。不法投棄は異種・悪臭のもとになります。

■いかがでしたでしょうか?

空き家が増えると以上のようなリスクが増えます。景観上の問題・害虫・害獣が増えてきます。空き家の所有者はしっかりと空き家管理をしなければならない時代になってきています。

関連する記事