近い将来問題になってくる空きマンション

日本の空き家件数が、どんどんと増えています。空き家のイメージは戸建て住宅を思い浮かべます。ですが見逃すことができないのが空きマンション問題です。これも深刻化してきています。マンションの場合は、独特の空き家管理が必要になってきます。今回は【近い将来問題になってくる空きマンション】についてまとめておきましょう。

■マンションの空き家は処分が難しい

マンションの空き家を管理組合だけで管理するのは無理です。放置されているマンションの空き部屋は老朽化がどんどんと進みます。買い手を見つけるのは難しくなり、オーナーも対処法が見つからず放置状態の物件も多いです。

ではどうしてマンションの空き部屋が放置されるのでしょうか?よくあるのが、住居用でマンションを購入しても転勤になってしまうケースです。また投資用のマンションを購入したけれど転売できずにそのままになっていることもあります。

特に投資目的の場合はオーナーの居住先が遠方であることも多いです。空き家管理が疎かになってきて老朽化が進みます。マンション物件の状態が悪くなるとオーナーであっても足が遠のきます。そうなると余計に買い手も見つからない悪循環に落ち込みます。

そんなケースに限ってオーナーさんが高齢者で単身者が多いです。高齢者の場合は死亡や病気でマンションが放置状態になります。高齢社会の日本ですから、今後マンションの空き家問題が起こっているのは間違いありません。

■耐久性の問題があり処分も難しい

問題は新耐震基準が施行する以前に建築確認申請を受けたマンションがたくさんあることです。その件数は120万以上とも言われています。築年数が古いほどマンションの空き家率も高くなります。耐久性の観点からも売却はさらに困難を極めます。簡単に建て替えることもできませんし、費用対効果も期待できないのです。多くのマンション所有者は売却をあきらめて、放置状態になっているわけです。

■いかがでしたでしょうか?

空き屋管理でマンションの問題は看過できないと言えるでしょう。

関連する記事