簡単にできる空き屋管理の方法

空き家管理に対しての対策として2014年(平成26年)に「空き家対策特別措置法」が成立しました。これによって空き家を所有している人たちに負担が大きくなっています。放置している管理をしていると罰金を取られます。最悪は強制的に解体されたり撤去されたりされます。私達はどのように管理すればいいのでしょうか?今回は【簡単にできる空き屋管理の方法】をご紹介しています。

■最低限度、毎月1回は風を通して換気をしましょう

毎年増え続ける空き家。対策ができていないと犯罪の温床になり、火災になってしまうと近隣にお住まいの人たちにも被害が拡大します。そのようなことにならないように空き家対策特別措置法ができました。しかし、ご家族の思い出がたくさん詰まった家屋を簡単に処分できません。特定空き家に指定されないように、まずは最低でも一月に1回の頻度で空き家に足を運んでください。

収納棚や窓ガラスを開けて換気をしましょう。家具や家屋などが老朽化するのは室内に湿度が高い空気がたまることが原因になります。木材が水分を含み耐久性が悪くなるからです。特に梅雨時期の前後5月から8月はしっかりと換気をしましょう。

■掃き掃除・拭き掃除をします。

汚れやゴミを取りのぞくだけでも耐久性はあがります。丈夫な建物になります。拭き掃除をしっかりしておくと、害虫やねずみを排除できます。雑菌の除去効果もあります。衛生上の管理もできます。

■火災対策をしましょう

居住者がいない空き家は、本当ならば火の気がありません。火災が起こる心配はないのが普通です。しかし、空き家の特徴として放火魔のターゲットになることがあります。紙くずや木片や不法投棄されたものは、しっかりと撤去しましょう。空き家と言っても火災保険に加入しておくのも一つの対策です。

■いかがでしたでしょうか?

簡単にできる空き家対策を3つご紹介しました。できることからやってみてください。

関連する記事